So-net無料ブログ作成
食べたもの ブログトップ
前の10件 | -

兜町:ASAHINA Gastronome [食べたもの]

いつも気に入って使ってるホテルが水天宮にあるんですけど、そこから歩いて行けるほどの距離に東京証券取引所があるんですのよ兜町っすね。んでそこの真向かいに新しいフレンチレストランがあるんで行ってきたんですのよー


何このグランメゾン。



資本力ってすごいっスね、最初からブッ飛ばしてくるもんね。


昨今のチンケブームやらオサレブームのなか、当然フォークだのナイフだのにもチンケブームあるんですが、そんななか、久しぶりにChristofle見たよ、しかもこれ最新版じゃね?刃にも柄入ってるわJardin d'Edenシリーズっすね、位置皿パン皿もChristofleの同じJardin d'Edenシリーズだわで嗚呼資本力。




オサレな店に行っては「なんとか産の何肉だかを真空調理機で10時間加熱してないでフライパンでガッと焼いてみろや」と常々文句を言っている『クラシック派』のオオノは、このてっぷりしたChristofleのフルセットでテンションすっかり上がってますよ。


長くロブション系の店で料理長だった朝比奈CHEF。(ちょうど、Nabeno-ismのナベちゃんシェフと同じくらいのタイミングでロブションを退職している?)

なるほど確かにロブションっぽい華麗な技法が見られます。


ネギがっ!

ネギが小口切りで立ってるよ、アレだよピンセットで立たせるアレだよ!



あ、でもでもちゃんとネギが居ないと成り立たない味になっているので、これは良し。アルギン酸ナトリウムだかのオリーブオイル球も実に良い仕事をしてくれます。



『分子ガストロノミー』でしたっけ、外観だけのインパクトや演出・パフォーマンスのためだけにコレ使われると、チンケフレンチ判定下すんですが、このオリーブオイル球はこの形この分量でここに居なくてはならない必然性を感じるので良し!






もっとチンケかと思った。でもチンケじゃなかった。

(実は大して下調べもせずそれほど期待もしていなかったんですよスミマセヌ)


ちゃんと腰の座ったフレンチだわよ、『ロブション出身』にお客さんが期待しているであろうスタイルにも応えつつ、ちゃんとシェフのやりたい事も出していると思うの、ほら、メインの肉とかさ。

ね。

これ美味しいと思うのよ。


デザートだってパティシエの個性出ていて楽しい。

図らずもシグネチャー的になってしまった純潔リンゴのデザートは、ちゃんとカトラリーデザインJardin d'Eden(エデンの園)とリンクしてますよ(説明されるまでわかんなかったオオノだけどなっ)っつか、これどうすんの、永遠にコレかね?(笑)

いま、この手の『かたち』の中に本体入ってるデザートがナウでヒップなのかしらねぇなのだけれど、次が楽しみ。


え、ナウでヒップじゃない?

あちこちでみかけません?

なんか白金だかにありません?

こんなデザート売ってる店、あそこ行ってみたいんだけどオオノ。


これってさ、昔はまん丸なのが一世を風靡したよね、何十年前?確かロブションだかタテルヨシノだかで……あれ?成田さん?うわ何十年前?20年前とか?

うぉぉおぉぉ……(震)。


美味しかったですよ、大丈夫、チンケフレンチじゃないよ、しっかりフレンチだよ。




しかも、田舎者にとって日曜日も営業してる美味しいレストランって大変貴重、また行きたい。




ASAHINA Gastronome

住所:中央区日本橋兜町1-4 M-SQUARE Bldg 1F

電話:03-5847-9600

定休日:水曜日



全ての写真こちら!↓

http://plantation-viandes.jp/project/asahina-gastronome-2019-01-27


大阪:ONOHOUÉ [食べたもの]

あぁぁぁ、すっかり遠い記録になってしまいましたすみません、2018年最後を飾るのはONOHOUÉ です。


市場も終わってるしこの後長いお休みに入るし、で、リクエストを押しつけても迷惑なんで、おとなしくコースをいただきましたよ!


でもなんかちょっと普通のコースと違う気がするんだけれど、いっか!




2018年ありがとうございました!

2019年、新しく気にいるお店を見つけることができるといいな。


【ONOHOUÉ (オノウエ)旧 Unisson des Coeurs】

住所:大阪市中央区糸屋町1-1-6 B1

電話:06-6910-7123


http://plantation-viandes.jp/project/onohoue-2018-12-31


赤坂:詠月 [食べたもの]

『粕汁』って、実はちょい苦手なんですが、実際に美味しい店で頂くと個性が出て美味しいんですのね、詠月さんの粕汁は、粕らしいアタックのあるタイプ。


美味しい!




……それでですね、すみません、ちょっといいですか。


後からわかったのですが、どうもこの日、極初期のインフルエンザだったっぽくてですね熱が出かかったらしく、ちょい味が取れなかったので、ノーコメントで……。


でもね!粕汁とモロコ、それから大根がメッッッチャ美味しいのはわかったので、多分きっとまだ大丈夫!


【詠月】

住所:港区赤坂3-11-7 ソシアル赤坂ビル 4F

電話:03-6277-6293

営業時間:月曜日-金曜日 18:00-23:00・土曜日18:00-22:00

定休日:日曜・祝日



写真まとめてこちら

http://plantation-viandes.jp/project/赤坂:詠月


京都:菱岩 + 三田:Restaurant HIROMICHI [食べたもの]



2019年お正月、京都【菱岩】と東京【Restaurant HIROMICHI】のおせちから始まりますよ。


まずは菱岩さん








……あのさぁ、毎年そうなんだけれど、めっちゃ時間ないところで慌ただしく写真撮影するものだから、イマイチなのよね、毎年。

でね、iPhone10sでも撮影したのよ


こういうフラットで鮮明に撮影したい場合、下手にカメラでがんばるよりiPhoneでパシャしたほうがいい気がするのよね。

最近のスマートフォンのカメラも性能があがってきているからのぅ……





 


…………あんま変わんないっすかね。




で、Restaurant HIROMICHIですよ!



いろいろと取り合いになるんだけれど幸いなことに好みが分かれているので平和です(笑)

お正月に集まってシャンパンでも抜く方には本気でオススメ!



【菱岩】

住所 : 京都府京都市東山区新門前大和大路東入西之町213

電話 : 075-561-0413


【Restaurant HIROMICHI(レストラン ヒロミチ)】

住所:目黒区三田1-12-24 MT3ビル1F

電話:03-5768-0722

定休日:月曜日


赤坂:きた福 [食べたもの]

数年に一度、蟹を十分に与えないと生き霊になって悪さをする人が身内でいるので(笑)、除霊してきました。


蟹様です。




それでですねぇ……このタイミングで味がぜんぜんわかんなくなっちゃいましてねぇ……次の日、病院行ったらインフルエンザAでしたの、まぁトレンディ(倒)


ということで、ノーカンで……


きた福

住所:港区赤坂3-13-6 国際天野ビル 7F

電話:03-3505-1323



写真こちらー

http://plantation-viandes.jp/project/赤坂:きた福


麻布:茶禅華 [食べたもの]

今、東京で一番ナウでヒップなオサレ中華ですわよ奥さん。


まぁ多分きっと絶対フツーに予約取れない昨今の『予約が取れない店』なわけですが、ご縁があってクリスマスの夜にお誘いをいただきました。

ええ、仕事年末進行最終戦ですがスケジュールこじ開けて行ってきましたわよ!


まぁまぁ東京でクリスマスって何年ぶりかしら、ちょっと帰りにSATSUKIのエクストラスーパーあまおうショートケーキとエクストラスーパーメロンショートケーキが合体したエクストラスーパークリスマスケーキ【LOVEショートケーキ】買って帰っていいかしら!(買った)

あれはもうケーキではない、パフェだ!パフェ、ケーキの姿をしたパフェだわ!!


ということで、チンケ中華です。


まぁ、チンケだっつっても中華ってあまり食べたことないからスキルなくてよくわかんないけれど!でもどうせチンケだから、謎調理法推しでちゃらちゃらしてるのねーへっへー、って、バカにする気満々で行ってきたのですが、やだどうしよう美味しい……チンケなのにおいしい…負けた………

味が綺麗なんですよ、奥さん。




実は、『上海蟹』デビューだったオオノ、なに上海蟹ってこんなかんじなんだ、へー、よっぱらい蟹っていうのね、お酒でね、なるほどーチネチネおいしいのね、もっと沢蟹的なもの想像してたよオオノ!(山の子だからさ!)





ここのシェフはちょっと和食のルーツを持つのね、スープなどがとても綺麗なのはそのルーツなのかしら、んなるほど。とても綺麗に丁寧に「仕事」された数々。なるほど美味しいと思います。(でも……でも……量 少ねぇ……おかわり……おかわりをくれ)


あ、そうそう、ワインと「お茶」の2種ペアリングでしたのよオサレ。


お茶、お茶……わ、わかってるっす、中国茶は湯飲みでがばがばいただくものじゃないのはわかってるの、で、でもね、もっと味を知りたい、おかわりください(笑)


人気店なのわかるなー。 味はとても品良く綺麗に仕上げられているし、完食しても全く罪悪感のない分量、しかも女性なら腹八分目で綺麗に納まり、飲み物もお茶のペアリングがあってとても楽しく経験値を積める。

中華というより、ほぼ和食。

元大使館関係の建物だったものを改装しているので、別宅のような安心感のある室内、それにサービスも鳩レースのように人数いるので安心。


ただねー、もう一度行きたいなーって思っても、予約取れねーっすよー……。



写真見た方がイメージわかるよーということで写真こちら

茶禅華

住所:港区南麻布4-7-5

電話: 050-3188-8819

定休日:不定休


半蔵門:鮨 みずかみ [食べたもの]

他の人にこの店の住所を教える時、いつもちょっと迷うのですが、住所で教えるより『イギリス大使館の裏のー』『お堀の一番町のー』って教えた方が早いんですよ。あと『前の半蔵門会館(グランアーク半蔵門)を下ったー』とか『村上開新堂の道を少し下ったー』とか、個人的にめっちゃわかりやすいっす(笑)


東京から帰る前に腹ごしらえ。



あら、めずらしい、鯛ですって。

オオノは詳しくないのでよくわからんのですが、こだわりの釣りで有名な職人さんが釣り上げた鯛、うむ、下処理の関係なのかな、味がはっきりと濃くてこれは美味しいです。なるほどー!


冬のハマグリはマストですね、ふっくらしていて美味しいあの味です。





写真まとめてこちらー!

鮨 みずかみ

住所:千代田区一番町3-8 大宮ビル1階

電話:03-3230-0326

定休日:日曜日・祝日の月曜日


日本橋:浜町かねこ [食べたもの]

前ね、東京出張の時にいつも使ってるお気に入りのホテルの近くに、蕎麦屋があるってんで昼に行ってきたんですよ。

そばがきを頼んだら、土鍋で煮沸されてでてきたんですね、そしてその細麺に衝撃を感じたのですが、夜はどんなもんかとずっと気になっていたので行ってきました。

ここね、人気店なので、昼も夜もすぐいっぱいになってしまいますので、開幕イパッツメに駆け込みですわよ奥さん。




おつまみいっぱいあるから嬉しい!



その他写真まとめてこちら!

浜町かねこ

住所:中央区日本橋浜町3-7-3

電話:03-4291-3303

定休日:日・祝日


銀座:L'ecrin [食べたもの]

前さぁ、高良シェフの時、Montrachet(オオノがMontrachetっつったらComtes Lafonな)飲みたいから、Montrachetに合わせてコース組んでねってお願いして食べた事あったのですよ。


2011年の春のことだったわね(遠い目)

ブレス鶏のベッシー・マデラソース仕立て、あの時は小泉さんが捌いてくださったわね





それはもう、いつまでも記憶に残る素晴らしいコースでしたわ。


ソムリエ大越さん・シェフ高良ちゃんのコンビ、Montrachetが時間とともに次々と繰り出す香りや味の変化を絶妙に拾って料理のアクセントにトリッキーに入れてくる様は、賞賛でしたのですことよ。


そして、2018年。

ソムリエ宇佐美ん・シェフ渡邊さんで、Montrachetのためのフルカスタムコース再びです。


いやー、いいねぇ。



いいねぇ!


やっぱりいいねぇ、こういうわがまま。


Montrachetはもともと変化が大きい性格なのだけれど、その変化に料理をちゃんと合わせてくれている。




Montrachetだから鶏のベッシーでと紋切りしないで、Montrachet後半の味の変化に合わせて、鶏ではなくて雉を、ソースも敢えてベルモットソース、キュッと甘酸っぱいニュアンスを加えてくれました。


このソースが美味しいの!

飲める、奥さんこのソース飲めるわ!

そしてこのソースをつまみにMontrachet飲める!

これは反則だわ超うまいわMontrachet飲むからそれに合わせてねっつってわがまま言ったオオノを褒めたい!


高良ちゃんはトリッキーなコーディネートを見せてくれたのだけれど、渡邊シェフはクラッシックをベースにしっかりMontrachetに寄り添ってくれました。


あら、楽しいわこれ。シェフの個性が出るから楽しいわ。


もう何回も言うのだけれど、こういう『わがまま』を言える店は少ない。

ワインのことをちゃんとわかってるソムリエと、それを理解して料理に反映できるシェフが居ないと、こんなことできない。

ソムリエとシェフだけではない、変化のタイミングと料理のタイミングを完璧に合わせることができるサービスマンも揃ってなければ。


こんなことができる店は多くはない。

こんな難しくてめんどくさいわがままを全力で受け止めてくれる店なんて。ね。


料理を先に選んで、それに合わせてワインを選ぶのも楽しいけれど、それは多分どの店でもできる。

先にワインを選んでおいて、それに合わせて料理を組んでもらう、なんとこの贅沢なことよ。


ワイン好きで食べるのも好きな方、ぜひわがまま言って欲しいな。

きっといつもより何倍か美味しいと思うんだ。


来年また『わがまま』言おうかな、少佐、模寺くん、付き合ってねー!


【L'ecrin(レカン)】

住所 : 中央区銀座4-5-5 ミキモトビルB1

電話 : 03-3561-9706

定休日 : 日曜日



そのほかMontrachetのための写真こちら



人形町:芳味亭 [食べたもの]

買い物行こうと11:00前に人形町の駅むかっててら、なんか花台ズラリ並んだ一角がありましてね、甘酒横丁の交差点のとこなんですがね、あら新しい店?って目をやったら『芳味亭』


は?芳味亭?


あ、移転したんだー!え、移転して開店したの昨日ですかそうですかってことで、寒空じっと10分待って開店1番突入ですわよビーフスッチュー!


あー芳味亭のビーフスッチューだぁ(笑)


お供はパン一択です皿はパンでテッカテカにして帰しますよ。


あぁ、いつもの味。



芳味亭っつったら、ソフトドリンクが、三ツ矢サイダー・コーラ・バヤリースオレンジの究極の三択だったのですが、増えてた。よかった。


今はまだオープンして直ぐなので、メニュー絞ったオープニングメニューなのですが、年も開ければ通常メニューになることでしょう。


テイクアウトも年明けには復活予定なんだそうで、近所のおばぁちゃんも安心です。


ししょー、いかがっすか、お昼のオススメはビーフスッチューでございます。


通常メニューならぁ、車海老様が揚がってる高級エビフライに、カニクリームコロッケ、あ、グラタンはクラッシックなグラタンで感慨深いですわよ、んー、オススメは沢山あって決められないので、順番に全制覇がオススメですわ。


 


ところが、12月17日に移転OPENしたばっかりっていうじゃない。あらあら、それ昨日?おととい?

今は移転したてだから、オープニングメニューとして品数絞っているけれど、年明けにはいつものメニューに戻るっぽいですよ。


次に人形町来るときには、きっといつものメニューになってるね。


芳味亭 (人形町本店)】

住所:中央区日本橋人形町2-3-4

電話:03-3666-5687




http://plantation-viandes.jp/project/人形町:芳味亭


前の10件 | - 食べたもの ブログトップ