So-net無料ブログ作成
京都:俵屋旅館 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

京都:俵屋旅館『孔雀』 [京都:俵屋旅館]

そうだ京都へ行こう。



そうなんですよー、なんかねー。今年は仕事先で色々ありましてねぇ、取引先がだいたい無くなっちゃったんですよぅー、あ、オオノのせいじゃないですよぅー。まー、またこれからどうなるかまだ分からんのですがね。まーねー基本的にワシら漫画職人って『フリー』なんでねぇー。
でもまぁさすがに10年ちょっと付き合ってきた取引先だったし、色々なことを考慮してかなり優先的に仕事してきたってのもあって、これからどうしようかなぁ、とかものすんごい色々考えて、とりあえずそうだ京都へ行こう(逃避)をやっています(なんじゃそりゃ)




いやいや、正直、今まで仕事量的にもスケジュール的にもちょっと忙しすぎたかなっていうのがありまして、仕事量を減らそうとは考えていたんですよ。(結果おもいっくそ減りましたが)丁寧にいい仕事したいけれどスケジュール的に難しかったり、時には飛ばした仕事をしなくてはならなかったり、それって自分がするべきことなのかな、とか悩んだりした。
で、ここに来て、自分はどうして仕事したいのかなぁ、とか、どういう仕事をしていきたいのかなぁ、とか、仕事と普段の生活をどうバランス取って行きたいのかなぁ、とか、そんなことをずっと考えてました。

で。

ゆっくり「生活」したいなぁ、仕事は少しだけ余裕を生み出す程度で十分だなぁ、と考えたんです。
出来ることをメいっぱいアレもコレもやるんじゃなくて、隙間で出来るコトを出来る分だけでいいからやっていこうと、なんとなくやっと考えがまとまったのです。

というわけで来年からやる。(おい)

で、湯船にまたがって撮影した渾身の風呂写真。
なのにどこにピントを合わせているのだRX-100! (オオノが悪い)


そして『鱧そうめん』




湯葉の下にはお鮨のようにご飯が隠れておりましたよ。



【俵屋旅館】
住所 : 京都市中京区麩屋町通姉小路上ル中白山町278
電話 : 075-211-5566 


続きを読む


京都:俵屋旅館『栄』おはようございます [京都:俵屋旅館]




おはようございますー!

今日は、鳩、起こしに来ませんでした!あの鳩、来ませんでしたよ!ナワバリ変わったんでしょうか、来たら来たでアレですが、来ないなら来ないで寂しいですな時報鳩

朝食は、宿泊メンバーそれぞれ和食と洋食とかいう混合構成なのですが…洋食チョイスのオオノ、いつもはトーストなのですが今日はクロワッサンをチョイスしてみました。
どんなクロワッサンだろうなぁー……



デケェ。

なにこの皿いっぱいいっぱいのクロワッサン、なんかオオノの頭のなかにあるクロワッサン像とかなり違う気がする。
クロワッサンってこんなにデカかったっけ。
焼き上がってお皿に乗って登場です。でもサクサクして美味しいぃー!次もクロワッサンにしてみようかなぁー。

そうそう、今日は大阪で友人と会うので……俵屋旅館弁当をおみやげにしてみました。
今月は『鯛ごはん』なのです!



【俵屋旅館】
住所 : 京都市中京区麩屋町通姉小路上ル中白山町278
電話 : 075-211-5566 


続きを読む


京都:俵屋旅館『栄』 [京都:俵屋旅館]

丁度仕事と仕事の間になりまして、思いがけずに「のんびり京都」なのです、のんびり京都といってものんびり観光ではなくマジでダラダラするだけな京都です。後一週間もすると桜がどこも満開になって、とんでもない混雑になることでしょう…(遠い目)

今日のお部屋は一階の『栄』です。
季節は春、そして三月、晩ご飯が楽しみなのですー!(いきなり晩ご飯の話かよ!)




『栄』は控えの間(?)から一つ下がった所に広い読書スペースがありまして、足下がガラス張りになっています、ちょうど雪見障子のようなかんじです。ここでゴロゴロするのが好き…。外の小さな草むらの中に「ちいさな虎(多分)」がちょこんと置いてあるのですが、それがいつも「通りすがりの猫」に見えていちいちびっくりするオオノです。いやね、ホントにね、猫に見間違う丁度いい大きさで可愛らしいのです。

さてお楽しみの晩ご飯(おい)






春らしい食材が沢山並びます。
そして三月『雛祭り』にちなんだこんなものも……




ちいさなちいさなお鮨、こんなに小さい!
でもちゃんと、すごく美味しいのです。



お椀のタケノコは若布の餡と一緒に。うーん、コレ、ほんとに美味しいー!
あったかいお風呂に だふーっ て浸かったみたいに、ジンワァリ とおいしいのです。


【俵屋旅館】
住所 : 京都市中京区麩屋町通姉小路上ル中白山町278
電話 : 075-211-5566 

続きを読む


京都:俵屋旅館『桂』 [京都:俵屋旅館]


おはようございます。
やっぱり鳩に起こされました。ありがとう鳩。
そういえば、この鳩、昨日夫婦揃って顔を見せてくれました。オマエかーーー!




【俵屋旅館】
住所 : 京都市中京区麩屋町通姉小路上ル中白山町278
電話 : 075-211-5566


続きを読む


京都:俵屋旅館『桂』 [京都:俵屋旅館]

毎年このころは、この業界独特の『年末進行』という前倒ししまくりスケジュールのおかげで、大変なメにあるのですが……今年はなんと!後ろに倒れてしまいまして、想定していたスケジュールと非常に大きな誤差発生、冬休みが4日ほど出来てしまいましたよ!良くも悪くもエライことです!
(後ろに倒れただけなので、その先は詰まっているということなのですよ奥さん)
というわけで、急遽、俵屋旅館さんに行ってきました。
うぉぉ、久しぶりになってしまいました。




お部屋は、一階の一番奥の階段を上った二階の『桂』です。
ちょっと向きが他のお部屋と違うせいもあるのかな、とても静かなお部屋です。





美味しい夕飯頂いて、すっごく気持ちのいいお風呂に入って、年賀状書きましたよ(エライ)
仕事も家のゴチャゴチャも全部OFFにして、のんびり年賀状、いいなぁコレ、毎年やりたいなぁ……(年賀状じゃなくて仕事のラフになるだろうなぁ…)あ、卓上ライト貸してもらえますので大丈夫ですよ(笑)

【俵屋旅館】
住所 : 京都市中京区麩屋町通姉小路上ル中白山町278
電話 : 075-211-5566

続きを読む


京都:俵屋旅館『孔雀』おはようございます [京都:俵屋旅館]

おはようございます、鳩に起こされました。
鳩が元気でよかったです、おはようございます。
今日は和食をチョイス、片方の『湯豆腐』を『出汁巻き卵』に替えてもらいました。
干物は『塩鮭』と『鯵とハタハタ』です。この塩鮭、厚みがあってふっくらしていてホントに美味しいのですよ!




【俵屋旅館】
住所 : 京都市中京区麩屋町通姉小路上ル中白山町278
電話 : 075-211-5566 

続きを読む


京都:俵屋旅館『孔雀』 [京都:俵屋旅館]

えー仕事をちょっとだけ前倒しで納品して、久しぶりに友人と一緒に俵屋旅館、今日はおなじみ『孔雀』、あの和紙張りの小さなお部屋があるところです。到着早々持参の部屋着に着替えてゴロゴロゴロゴロするにの最適な『孔雀』、あのちいさなお部屋『繭籠り』はお昼寝に最適です。



さて、ひととおり盛り上がってから夜ご飯ですー。
ここのところ、めちゃくちゃ忙しいというわけではなかったものの、気を揉む事が多かったので美味しい者を食べて気分リセットですよっと。





鮎はまだ解禁ではないので、鮎は出て来てくれないかな、と思っていたら、小さな小さな小鮎が最初に出て来てくれました!ありがとう!
今まで出た事が無い新しいタイプのお料理が沢山……賀茂茄子や京都風のお寿司おおぉぉぉ、この中途半端な暑さに疲れた体に気持ちいいです。

【俵屋旅館】
住所 : 京都市中京区麩屋町通姉小路上ル中白山町278
電話 : 075-211-5566 


続きを読む


京都:俵屋旅館 [京都:俵屋旅館]

おはようございます、俵屋旅館『栄』の朝です。
今日は雨模様ですねぇ。でもね、紅葉の雨って一番綺麗だと思うんですよ、木の幹が雨に濡れて黒くなって、一層もみじが映えるんです。っていっても、紅葉終わってますけどね、紅葉見に来たんじゃないんですけどねっ!



朝ご飯は和食で。オオノがチョイスした干物は鯵andはたはた、です。



【俵屋旅館】
住所 : 京都市中京区麩屋町通姉小路上ル中白山町278
電話 : 075-211-5566 

続きを読む


京都:俵屋旅館 [京都:俵屋旅館]

秋ですねー紅葉ですねぇー、秋の俵屋旅館というと昨年たみこさんに引っ掻き回された『のんびり俵屋旅館(の予定だった)旅行』が思い出されて翻筋斗打つのですが、なんとしてもその思い出を払拭しましょう、秋の俵屋旅館です、秋ですねー紅葉ですねぇー、紅葉はすっかり茶っちゃ茶になって終わっていますよ。でも気にしません、紅葉を見に来たのではありません、紅葉は日常見慣れた木々が紅葉していくのを愛でるものだとおもっています(キッパリ)



『栄』と言ったら、二人で泊まるのに丁度良いコンパクトなお部屋です。奥まっているのでとっても静かに過ごせるお部屋ですね。
次の間から一段下がったところにある[寝転がって草の中]のイメージの2畳ほどの板床のスペース、この季節は床暖房。ゴロンと横になれば、雪見障子に見立てられた硝子の向こうに、栄専用のお庭が広がります。





というわけで、この次の間の掘りごたつでもりもり仕事をしてしまいましたよ、ふっ…(悲)
しょーがないじゃーん、仕事にあんまり余裕が無いから、進められる所は少しでもジミジミ進めておかないとさぁ、来週からとんでもないことになるからぁー。

というわけで、晩ご飯ですヤッター!
小さな河豚の刺身に海老芋、銀杏、とても綺麗な秋らしいお料理が続きます。クワイは煮るものいいけれど揚げるのも美味しいですね



なんといってもコレ、お椀、蕪、蕪ですよ。
蕪の中に蟹が鎮座しております、そして蕪の味噌仕立てのスープです。
これがじんわりぃと おいっっっしいいぃぃいいい!




最後のお鍋は鯛なのですが、鯛のアラと麺の入った『鯛煮麺』なんですね。煮沸していて何も見えませんがッ



鯛のアラで丁寧に出汁を取って、それで煮麺だなんて、なんともなんとも贅沢な鯛のお鍋です。
これーこれはウマいわぁぁぁ、鍋火力的になかなか家では出来ないのですが、これは美味しいぃぃぃ!
お汁まで綺麗さっぱり完食です!

【俵屋旅館】
住所 : 京都市中京区麩屋町通姉小路上ル中白山町278
電話 : 075-211-5566 


続きを読む


俵屋旅館:泉 おはようございます [京都:俵屋旅館]

おはようございまーす。
今日もダラッッダラin俵屋旅館です。
雨の予報も晴れまして何よりでございます、そんなことよりもいつも朝起こしてくれるあの鳩が来なかったんですけれど!大丈夫なんでしょうか鳩!世代交代したんでしょうか鳩!



毎回関心する非常に立派な『鮭』
そして、個人的に大好きな『紫蘇巻きラッキョウ』



【俵屋旅館】
住所 : 京都市中京区麩屋町通姉小路上ル中白山町278
電話 : 075-211-5566
 

朝ご飯↓


前の10件 | 次の10件 京都:俵屋旅館 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。