So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

多治見:A Tavola Suris [食べたもの]

ご近所にお住いのMSMさんのお嬢様がご結婚なされたのですが、その時のWedding-dressがですね奥さん。奥さん。奥さんっっ!オートクチュールだったんですよ奥さん。
ということで、愛でに行ったんですね。

あぁ、チュール1枚とっても高級なチュールはなんとしなやかなことか、ふわふわで霞のようでしたのよ奥さん、レースに一粒一粒縫い付けられたガラスビーズの立体超絶技巧をたっぷり堪能させていただきましたよ奥さん、ねえ一粒一粒の玉留めが見えねぇっすよ、なんで?

そしてMSMマダム『ぜひぜひ試着してみてー』って、ねぇ奥さんどんな拷問プレイです?二十歳そこそこのお若い華奢なボディにピッタリ合わせて縫い上げられたWedding-dressをオオノが着れるわけねーじゃろが空気読めなくてもいいけど見てわかるじゃろうが、我儘ボディじゃないからね、我儘に育っちゃったボディだからね?華奢なファスナーが弾けとんでも知らんぞ!ってか、まー閉まらないから全然いいんだけどな!背中でMSMマダム苦笑してんじゃねーよ!『あれ?届かない……』って届くわけないからね!15cmくらい届かないのは「届かない」ってレベルじゃないからね!やめよう!お昼ご飯食べに行こう!ね!

というわけで、A Tavola Surisでした……。あーもう。





ところで、この木のハンコみたいなやつ。
平たく伸したパスタ生地を型を押し当ててくり抜いて作る『コルツェッティ』っていうPastaなんですってよ。へー。そしてバジルソース。バジルをマシンでウィーンって擦り潰すんじゃなくて、ちゃんとごりごり手作業で粗挽きにしているのよ。香りが全然ちがうのよー、とっても良い香り。

オオノの心の中では、A Tavola Surisはミシュラン2つ星だから、もっと値段つけていいとおもうの。(カウンターチンケイタリアンよ、見習え!ジュレかけて粋がってんじゃねーぞ!)

http://plantation-viandes.jp/project/a-tavola-suris-2018/

A Tavola Suris
住所:多治見市十九田町1-7-7 メゾン小島 1F
電話:0572-24-2666
営業時間:11:30-14:00 17:30-20:30
定休日:月曜日 + 不定休