So-net無料ブログ作成

そういえばダブルトーンってやったことないなぁ… [仕事のこと]

『ダブルトーン』は、今ではあまり見かけないかも?アナログ時代の名残なのかもしれません。(『ダブルトーン』にはデータ(版)の作り方によって仕上がりがかなり異なるのですが、そこらへんは割愛)

『ダブルトーン』で色を掛け合わせて擬似的に2色特色風な画にするのもありますね。
『2色特色』は、もともとはフルカラー写真(インク4色)などを少ないコスト(インク2色)でなんとかそれっぽく再現するものですが、『ダブルトーン』は、もともとはグレースケールの画像(モノクローム写真みたいな)の階調を、より繊細に表現するためのものです。
モノクローム写真をCMYK(スーパーブラックとか言ったけ?)でやることもあるのですが、これって印刷との高度な調整がいるし事故が多いので、多版のダブルトーン(トリプルトーンとかそれ以上)でやることが多いです。

2色特色がフルカラー(4色)を2色で再現するのに対して、ダブルトーンはグレースケールをリッチに表現するためのものなので、元画像の『色味』の違いが再現できません。ここ重要。ここ重要!



ということで『2色特色』のお話でした。

……そうなんです。奥さん、お気づきだろうか…そうなんです『2色特色』は『4色フルカラー』のデータから作るんですよ奥さんっ。2色原稿(2色特色)は2色しか使わないじゃんって原稿料が4色原稿(フルカラー)より安いと、ちょっとだけ悲しいのですよ奥さんんんんん!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。