So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

四十九日法要やってきたよ [九官鳥 あべちゃん]

ちょっと日数が合わないんですけれど、仕事がお休みの今日、あべちゃんの『四十九日法要』をやってきましたよー。




オオノ、あんまり意識したことがなかったので知らなかったのだけれど、四十九日は極楽に向かって出発する日なんだとか。ナルホドー、あべちゃんにとっては極楽浄土出発のめでたい日なのだな!

今日までは、白木の位牌をお寺に預けておいて、家にはお札みたいな紙の位牌を置いていたのですが、紙の位牌をお寺に返してお経を上げてもらいました。
今は、分けてもらった小さな骨だけがお家にありますよ。




この入れ物、確か大学の時だったかな、インドに旅行に行った時、自分用にと買ったお土産なんです。青色が綺麗でしょ。多分ピルケース的なものなんだとおもうのですが、形状がビミョーに持ち歩きにくくて使えないまま忘れ去られていたのですが、まさかこんなジャストサイズな使い道が生まれるとは!保管してあった場所を覚えていたオオノを褒めたいっっ!エライ!

動物に対してお葬式だの火葬だの四十九日法要だの……他の人からみたら、なんだか大袈裟で奇妙にみえるかもしれないけれど……あべちゃんのためにやるっていうより、自分のためにやるって感じかな。
初代九官鳥のときがそうだったけれど、死んじゃったら遺体をお墓に埋めて終わり、では、なかなか納得できない。だけど、こうやって儀式的なことを段階踏んでやると、なんかすごく気持ちが整理できてしっかり納得できる気がするんです。
……だから、まぁ、なんだ、あんまり白い目で見ないでやってくださいな(笑)