So-net無料ブログ作成

暗い場所で撮影してみた。 [Collection]

という訳で、ちょっと前からRICOH GDR3が入院中でして、今SONYのRX100と格闘中です。
オオノはあまりカメラには詳しくないのですが、ここ数日素人モード丸出しで色々撮影しておりましたよ。
暗い場所で撮影してみた。



絞りやシャッタースピード、ホワイトバランスや露光などをかなり詳細に設定できるのはもちろん、簡単に撮影できるように、今ではすっかり市民権を得た『料理モード』や『ペットモード』『花火モード』『夜景モード』など色々な撮影モードもありますよ。ペットモードは、動く被写体を追従するモードを起動させます。ちなみに、花火モードでは「たまやー」とは喋ってくれません。(RICOHのとあるカメラは喋るんですよ兄さん!何事かと思いましたよ!)



まずはレンズが非常に明るい事、これは有り難いですよね。それに特にボケが非常に綺麗ですし、ディテールの食いつきもなかなかのものです。細かく設定して自分なりの使い方にカスタムアップしていけば、カメラに詳しい方にとっては、一眼レフのサブ機としても十分活躍するのではないでしょうか、ね、兄さん。



さて、『色』に関してですが、カメラにお任せっぱなしのオートホワイトバランスで撮影してモニターで出してみた所、カラーバランスは補正する必要がほとんどないくらいのバランスの良さでした。これはスゲー。

オオノのような中途半端なコンデジユーザーにとっては、手軽に『プレミアおまかせモード』一択で一眼レフ風チックな綺麗な写真が満喫できる面白いカメラだとおもいます。
勝手に絞り値やホワイトバランスを設定してくれるだけでなく、場合によって勝手にHDR(ハイダイナミックレンジ)を起動してくれたりと、非常に優秀でして、レンズは明るいわズームも出来ちゃうわオートで色も捕らえるわで、オオノは気分的に一眼レフやらミラーレスやらを買う必要がまったくありません、いやもうこれでいい。(ただしマクロは、やはりRICOHに軍配。)

ということで、RX100、腕のいい人には使い込み甲斐のあるがんばれるコンデジ、普通の人にとっては気軽に高品質写真の撮れるという、非常に[ぴかぴか(新しい)]完成度の高いコンデジ[ぴかぴか(新しい)]だとおもいました。
フラッシュがジャキーンって面白すぎるけれどな!