So-net無料ブログ作成

半年待ちのクリーニング [Collection]

なんか一戸建て住宅のCMにありますよね、『また使うかもしれないモノ……それを妻は…』ええ、ガラクタでしょう。
いや確かに、その『また』は『かもしれない』とセットだと来ない、『また』来たとしても、その時は別にソレでなくても事足りるのだ。
・3年履かなかった靴
・2年着なかった服
・1年使わなかった調味料(おい)
・半年使わなかった絵の具
特殊なものを除いて、これは捨てます、問答無用に捨てます、パッパと捨てます。

……だけれど、そのなかでも『もしかして修理できるかもしれない製品』は、捨てないタイプです。
いやーだってさー修理したら使えるもん、使うよオオノ。

ということで、修理してみましたよ、奥さん、ドン引きしそうなコレです、はいどぞー。



うわ、笑っちゃうでしょ、これ、すごいでしょ(笑)
写真のカラーバランスが傾いている訳ではないのよ、汚れている上黄色く変色しちゃってんのよ。
ずいぶん前、衝動買いしたFENDIの白い小さなハンドバッグ。
それなりにそれなりのお値段したんですが、色が白だったために、購入当時からすでに若干日焼けしている上からさらにガンガン日焼けするわ手垢付くわで、2年くらいしたらちょっとハズカシイ感じに黄色くなってしまったFENDI。

どれくらい汚れたかというと、これくらい。



フラップの下の色が本当の色です。
まーね、『これはもう人前には持って行けないな』と、しまい込んでしまって5年以上立ってしまったので、黄色く経年劣化というか経年変色もしてしまいましてね。
でも、皮自体はそれほど痛んでなかったんですよ。多少裏面が割れてはいたのですが、自然劣化内、ちょいとメンテナンスをすれば元通り。ここらへん、さすがレザーを専門とするFENDI、レザーの質が違うぜ。

これだけ汚して放置プレイかましても、レザーはヘタっていない。さすがFENDI。
だったら、さすがFENDIで補修にも耐えられるハズ。

ということで、専門の業者さんに頼んでクリーニングしてみましたよ。
だいたい『使用前』と同じ環境で撮影してみました。



すごくね?
元通りじゃね?
購入当初より白くね?



ぜんぜん黄色くなくなくね?
もう2年くらい使えるよね?

というわけで、レザーものは、高くても品質の良い商品を買った方が得、というお話。
『でも、そもそもすでに流行遅れというか、これいつのコレクション?』というツッコミは無しだぜ奥さん。