So-net無料ブログ作成

たまになら良いもんだ [復刻版]

イェヤッホォォォウ!仕事その6、ラフ終わったぜぇ!とりあえず提出したぜぃ!!!!!
入れ替わりに次の指示書が来たぜぃ、がんばるぜぃ!

なんか仕事の覚え書きばっかりになってツマランので、復刻版置いていく。



これらの『復刻版』シリーズは、かなり前のもの、それこそ10年以上前のイラストをデジタルに起こして加工し直したものとか。それこそ同人誌とかをバリバリやっていたころです。
なんとなく自分でも好きな作品群。

先日、友達と話していたのだけれど…

そんなふうに一生懸命何かを作っていた高校生とか大学生のころの作品(?)って、まオオノの場合マンガであったりイラストであったりするのですが、今掘り起こして見返すと、ツッコミどころありすぎちゃって正気じゃ見れた物じゃない。オオノの過去作品なんざ、デッサン狂ってるとかいうレベルの前に、絵はダサイわ組み立ては甘すぎるわで、恥ずかしいなんてもんじゃない。
友達の彼女の場合は創作活動していないので英語の論文での話になるわけですが、『大学時代の論文なんか読み返すと、伝えたいばっかりで、文章長くなっちゃてピリオドどこ?ってかんじ』なんだそうで、まぁ、大抵の人は多分そうなんだと思います。逆に、昔作品を見返してみて、ツッコミや悶絶できなかったら、成長していないってことなので、それで問題があるような気がする(笑)

でも、過去作品を見ていて、ツッコミしながら悶絶しながら思うのは、今の自分では越えられないものを持っているなぁ、ということ。

それはなんだろうね、と考えたとき、多分、その今の自分には越えられない何かというのは、『何かを伝えたいという強い気持』それから『何かを探している強い気持』そのものなんだろうな、と。

本当にオトナになって、きっと今ではもう手に入れてしまっている、もう誰かに伝わってしまったのかもしれない、だから、今その強さを表現できないんだろうな。
『復刻版』の作品群を描いていた頃、よく水彩で描いていた「青い絵」、あれはもう、今では絶対に描けない。技術はあるから職人張りに描けたとしても、それは模倣にすぎないだろう。

何かを伝えようとする気持って、本当に強いものだと思う。
マンガやイラストに限らず、見た目がヘタクソでも雑でも拙くても、何故かしら掴み所の無い、ココロを引きつけられてしまう魅力を持つ作品というのがある。そういう作品は、きっと強い何かの気持の欠片が入っているんだな、と、そう思います。

時には昔作品を引っ張りだしてきて、悶絶するのも、たまになら、た、ま、に、な、ら、良いもんだ。
なんとなーく漠然と、自分の成長や得て来たものを振り返る事が出来る。当時得たかったものを多分今得ているであろうことへの感謝の気持もあり、それが自分からこぼれ落ちてしまったのを残念に感じる気持もあり。


ま、そんなことをしみじみと考えているのはですね、今とりかかろうとしている仕事がですね、去年・一昨年の自分の仕事がベースになっている仕事だからですよ。去年・一昨年の仕事のサンプルを目の前にしているからなんですよ。
個人の創作活動と、仕事活動は、別の話なんですがね。

でも一昨年のサンプルは見つかっても、去年のサンプルが見付けられねぇ、どーこーだー。


【業務連絡】
仕事その6(H)……FB待ち
仕事その7(A-本)……指示書確認、台割とりかかり→ラフ提出16日
仕事その7(A-外)……FB待ち

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。