So-net無料ブログ作成

ARIA [復刻版]

仕事のまっただ中、余裕ぶっこいて、ブログのカテゴリの整理なんぞしてみる。
今まで、食べたモノを振り分けていたのだけれど(ビミョーだったものとか文句言いたいやつとか美味しかったのとか。)それをすると、「あれ?アレ食べたのいつだっけー?」と自分が混乱し始めたので、いっそのこと食べたモノは、ネタ物除いて全部『食べたもの』でまとめる事にしてみる。

一緒に保存してある画像も整理したのだけれど、ちょっと前のこれの対で描いたものが出て来たので、『復刻版』に入れてみた。

絵のクリック先においてあるのは、『ARIA』

実は、ちょっとまえに、オーストラリアの友人に、『MANGAをデータで作るのって面白いねー』なんて話をしていたとき、お互い自分たちも昔いろいろ実験的に作って遊んでいたよと、昔の作品を見せあっこしました。そのときにみせたのがそれ。
せっかくなので公開してみることにする。

元の作品(?)は、すごぉぉぉぉぉぉぉおおおおおく昔に…それはそれはもうコーコーセーとかダイガクセーとか、遠い遠い昔に作ったマンガらしきもの。それをオーストラリアの友達に見せる為にスキャンしてデータに起こしたもの。
当時は、A5だかの本にしてましたが、やりたかった事はこういうこと。映画ではないけれど、延々と下にスクロールしていくという作業を前提に製作したもの。でも当時はそんな「延々スクロール」なんて事をしようと思ったら、巻物で印刷するしかなく、何年も経ってからやっと実現したということかな。

何を使って描いたかというと、製図用の非常に細い線が描けるロットリング(死語?)で、ちぃっっっっさい絵を描き、それを廃棄寸前だったコピー機で、延々と拡大コピーを繰り返す。線はジゴジゴになるし、正体不明のゴミは出て来るし、だがそれがイイ!ということで、なにやら一種のアナログな『デジタルアート』なことをしていました(笑)当時はパソコンが普及しはじめた頃で、パソコンで簡単に絵を描くなぞ、専門的な知識を持つ人以外ではなかなか難しかった時代なので「コピー機を使って描いているんだ!複製芸術(笑)だー」とワルノリしていた記憶が……。

個人的に、当時の「純粋な強さ」を今でも感じるのでお気に入りです。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。