So-net無料ブログ作成

1200dpiのJPG [復刻版]

ちょっと調べものがあり、古いCD-ROMを掘り出して来てデータを探していた。
そしたら、すごーーーーーーく古いイラストのデータが出てきまして、開いてみたら、いろいろ愉快な状態になっていて大笑いでした。

なぜ1200dpiのJPGで画像が保存されているのだろう……?

4年とか5年昔の話ではないのだ、もっともっと昔なのだ。
よーくよーく思い出すと、一応それなりの理屈はあって、作ったデータ(紙媒体のものをスキャンしてデータに起こしている)を保存する為に1200dpiという高画質だったのだろう、わざわざJPGなのは、当時Windowsの人にデータを渡す事を考えていたので、WindowsとMacの互換性に配慮していたのだと思われる。(当時はまだPhotoshopをWindowsで動かす事がほとんどなかった時代)

当時、DTPという単語が認知されるかどうか、まだデジタル・アート(死語)の可能性に夢を見ていた時代。出て来たCD-ROMの中のデータを見てみると、そんなデジタルな事を試みてはいるものの、どうやら、紙媒体の延長としてモノヅクリをしている自分の痕跡がそこにあった。
どうも、そこんところの根っこの部分は、未だに変わっていない様子。
手作業でウマくできなければ、デジタルでもウマくできるわけない。基本は大事という考え方。

水彩画の保存用データは、さすがに綺麗に残っているので、そのうち整理して公開しようかな。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。