So-net無料ブログ作成

銀座:BEIGE [食べたもの]

昨年、ベキャスを楽しみにしてたのですが、上京の予定とあわなくてチャンスを逃してしまったのよ。BEIGEでベキャス食べるぞーって予定を組んだ日は、シェフがフランスだったんだよねぇ……

ということで、念願のBEIGEでベキャスです。

ナベちゃんシェフ曰く『あのシェフ、フランス人だから』うんうん期待してる!

さて、メニューどうしましょう、1人一羽ベキャスがくるってんで、前菜一皿とメインの2皿構成でおねがいしようか。ね。べキャスは一人一羽あるというから、思いっきり食べたいじゃん?ね。

ということで、べキャスin BEIGEです!



おおおおおおおお、しっとりしてますね!
想像していたのは、もっと黒い感じの(笑)イメージだったのですが、あら、意外!白っぽいソースなんですよ。これはこれは意外!
肉だけ外して、骨や肝をバリバリ潰してソースにするのかとおもっていたら……あらぁあらあらぁ!こういうのもいいですね!

お姉さんが『ソース足りなかったらおっしゃってくださいね』と声をかけてくれたのですが『じぇんじぇん足りません、もっとください』とお下品なことを言ったのはオオノです。てへ。だってソースたっぷりがおいしいんだもん。

そうかぁ、ちょっとお品が良いかんじに仕上げているのですね、なるほど。そうかぁ、もしかしたらBEIGEな事情があるのかもしれない??

クラッシックフレンチ派の人はモノタリナイとかんじてしまうかも?でもこういうお品のいいべキャスもアリだなとオオノは思ったんだけれど。

前菜は、『メインをしっかり食べるために、前菜はできるだけ軽めに……』などと配慮して(?)軽めっぽいかんじのを選んだのですが……キレてていいね!コントラストが強くてとても良いです。

うーん、また行きたいなぁ。
どうしてだろう、オーダーでお願いした皿より、メニューのアラカルトにあった皿の方がキレの完成度が高く感じてしまう。よし、また確かめに行かねば……

BEIGE ALAIN DUCASSE TOKYO
住所:中央区銀座 3-5-3 シャネル銀座ビルディング10階
電話:03-5159-5500
定休日:月曜日/火曜日

荻窪:鰻 安斎 [食べたもの]

出稼ぎに東京なのですが、なんとかお昼に鰻を食べるを食べたくて、中央道頑張って走ったよ!

息子さんになってから、柔らかい仕上げだなぁと思っていたのだけれど、前食べた時よりしっかり目に仕上がってました。

白焼きが、ん? 柔らかめ?というか、薄い感じ?と思ったら、今は台湾産の鰻を使っているのだとか。前は一色産だったのだけれど、高騰しちゃってるからねぇ……そっかぁ、台湾産だとこんな感じなんだぁと、時の流れにしみじみしながら完食ですわ、ご馳走様でした。



【安斎】
住所 : 東京都杉並区荻窪4-12-16
電話 : 03-3392-7234
営業時間 : 11:30~13:30、17:30~(要予約)
定休日 : 水曜日らしい

銀座:哥利歐 [食べたもの]

明日のイベントのために昭和のステエキです。

実は先々月、神戸で聖地巡礼したのは、本家『麤皮』
東京の麤皮・哥利歐とはすでに別の会社になってはいるのですが、大昔は同じ系列でした。

んー、神戸の麤皮ねぇ……うん……比べちゃうとねぇ、もうね全然ねぇ……

肉の質なのか焼き方なのか……水分抜けちゃってるパサ感が出て来てて、ちっともオオノの好みではありませんでした。コース一本でアラカルトないのが残念すぎる……。赤身肉食わせろー!霜ふっときゃ良いだろとか許さん。
ワインも、持ち込みメインらしく、全くといっていいくらい種類ないし。

……しかし、こんなアンバランスなワインリスト久しぶりに見たわよ…。要は一見さんはテケトーにここから選んで、常連さんはロマネコンティ持ち込みなんだろう。ねえちょっと、ステーキにロマネコンティってどうよってツッコミなしよ、そうなんだってよ、お店の人が言うんだもの。だから常連さんの持ち込みがロマネコンティ中心って事だけで、もう、なんだ、ワイン好きの人わかってほしいこのキモチ、その、常連さんがどんな人か知らないけどステーキ窯焼きにロマネコンティなんだー、そっかー、それでいいんだぁみたいな。札束での引っ叩き方間違ってないか?

というわけで、聖地巡礼が大失敗したので東京の哥利歐です。

やっぱこっちの方が好みですー

今回は『らんぷ』……だったのですが、何、『ラムシン』があるんですって、って、何?
『ラムシン』ってイチボとランプの間のお肉なんだけれど、『ラムシン』に『優秀牛』の冠付いてんですけど、なに?どゆこと?
よくんからんが、赤身のお肉大好きなオオノ『優秀牛のラムシン』選んでみました。お値段の事は気にしてはいけません、前菜はズワイガニのカクテルです。

ラムシンはじめて食べたけれど、とても味が綺麗なお肉ですな!

繊維が短めなせいかな、噛み締めるとウマイー!



デザートは、メロン1/4カット、そしてチリ原産の鶏『アローカナ』の卵のプリン。とってもしっかりした濃厚なカスタードぷりん!
この卵、ちょっと蒼ざめていてとても綺麗。そして、ランチでこのプリンだしているのだとか。

ランチやってんだ!しらなかった!FJSせんせえ、ランチやってるってよ!

【哥利歐(ごりお)】
住所:中央区銀座8-18-3 永井ビル1F
電話:03-3543-7214
定休日:第2日曜日

お菓子 [とりあえずiPhoneから]

2018-01-06T12:07:53.jpg
浅草ドールショウに合わせて、こんなものも作ったのよ

渾身の寒天入りの、渾身の『餡が透けるバリ付き鯛焼き』シャチホコ白玉抹茶パフェ。

……スプーンは昨日の深夜に思いついてさっき作った……黒蜜よ乾け……乾くのだ……



iPhoneから送信


共通テーマ:moblog

1月8日浅草DollShow [Fashion Doll]

新春裾引き2着。
元々はお振袖だったのですが、黒字で松や梅、牡丹に菊などの縁起柄。
黒留袖の振袖なイメージ(そんなものはない)なので、思いっきり豪華にしたくて、久しぶりに、針を折りながら正絹の帯で仕立てましたよ。







あと、緋色の染め矢絣に、絞りの羽織付き。
なかなか矢絣柄で気にいる物がなかったのですが、これはうまく配せたとおもいます。
B反ではなく正反を使ったので、ちょっとお値段高くなる予感、すみませぬ、これから計算します。
(この羽織付きは、通販部用に少量確保してあります)




それでは、浅草でお会いできますこと楽しみにしています!宜しくお願いいたします!