So-net無料ブログ作成
検索選択
Collection ブログトップ
前の10件 | -

RICOH GR2で撮影してみた [Collection]



新しいカメラを買ったらする儀式、それはまず九官鳥を撮る。

うぬ。

ということで奥様、すがちゃんをRICOH GR2で撮影してみましたわ。

ここでオオノはRAWモードで撮影して現像してJPGにギャっと圧縮するという大変アホなことをしておりまして大変申し訳ない。こういう時はjpgで出さんとわからんわなースマヌ。




……っっっおおおおおお??『被写体追尾オートフォーカス』なんちゅうもんを搭載してるのか…なにGRっぽくない…どうしたGR、おまえはそういうことしなくていいんだぞ。
でもまぁ、動き回るものを撮影したい時には便利なんだがのぅ。そういうときはRX-100とか使うからいいッス。



RICOHの得意としたマクロはどうなったでしょう。
これ、GR digitalからGRになってから(たしか)撮影距離範囲が『標準:約0.3m~∞・マクロ撮影時:約0.1m~∞』と10cmマクロになってしまったので、1cmマクロをこよなく愛するオオノとしてはかなり購入を迷っていたのですよ……で、結論として『皿の上写真はテケトーにトリミングすればいいっか!』ということになりましてね(かなり乱暴)、皿の上の10cmマクロはまたそのうちやるということで、今の所10cmマクロがどんなかんじかというとこんな感じです。

すがちゃんの後頭部です。
ちょっと耳たぶできてきたかな?



で、えーと、あと、絞り優先などにした時にボケ具合というかアレですが、試しにパンダスミレを撮影してみました。
関係ないけれど、奥さん、パンダスミレ、ウザいほど増えたんですけどっっっ!しかもなんかしらんがずっと咲いてるんですよ、雑草防止・泥はね防止に優秀ですわよコレ!



まぁこんなかんじに群生している中で、パンダスミレを一輪マクロで撮影しまして、絞りを絞ったり開いたりしてみました、こんなかんじっスー




ねえ、こうしてみるとボケ具合はRX-100の美しさが際立ちますわねお兄様。やっぱRX-100はボケが綺麗だなぁと改めて思うっス。

ガオガオくん [Collection]

先の日曜日にですね、マルシェへ行ってきましたよ。フリーマーケットみたいなかんじかな?そこのマルシェには、瑠璃子さんの友人のパッチワークを得意とする作家さんが参加しておりましてね、その作家さんが参加されるマルシェということで前々から気になっておりまして……「えびせんべい」に釣られて行ってきました!「えびせんべい」は売り切れだったけどな!だって瞬殺だもんハードル高けぇよ!「えびせんべい」やさんに『えび味は在庫を厚く投入するように』と指導してまいりましたオオノです(いらんことすんな)ところが後で、その「えびせんべい」屋さんは、親戚の家のめっっちゃ近所だったことが判明しましてね、今度行ってくるガッツリ買ってくる。

という「えびせんべい」屋さんの話はおいといてマルシェです。
そのパッチワークの作家さんのお店はココ、kuru-kariさん。ハンドメイドショップのtetoteでも販売してるよー。
オリジナルのキャラクターの『ガオガオくん』という宇宙人(オオノ設定)が可愛いのだ!





続きを読む


媚びないデザイン [Collection]

東京に行った際、ガチでハイカラ育ちのご年配の方から『子供の頃の着物』やらなんやらゴソっと譲っていただきました。しかもほとんど着用された形跡のない非常に状態のよいもので……あらあらコレ、コレクターの方から見たら垂涎の一品ばかりなのではないでしょうかしらね。
『お細工に使ってね』とのことでしたので、遠慮なく解いて解いて解いて洗濯して洗濯して漂白して洗濯して解いて解いて洗濯しておりましたのよ奥様。

そんなガチ・アンティークな子供の着物のなかで、一着だけ、どうしても解けなかった着物がありました。

コレ。




なにこの素晴らしい大胆なデザイン……
大きな緋の市松、斜めに渡したラインには色とりどりの小鳥が留まっている、しかもその小鳥の描写も素晴らしい。むろん小鳥の尻も素晴らしい……←個人的な好み
コドモ用の反物だからと、変にコドモに媚びることなく、愛らしいものを愛らしいように でもモダンにデザインした見事なお洒落。

モダンな時代だったものね、素晴らしいデザインだと思う。

羽織裏にでもどうかしらとおもったのだけれど、もったいなくて解けないので、綺麗に洗ってひざ掛けにしようかしら。

壁の割れ目のBAKKEEN AIRPLANE [Collection]

あのね、ウチのマンションね、なんとなく傾いてるっぽくてね……ええ、地盤の関係で傾いてるんですよ…。それが原因だかなんだかわからないんですけれどね、部屋の要所要所に歪みと隙間が来ていましてね……壁紙がけっこう激しく割れてるんですよ……

まぁそんな場所は隠します。
一番激しい割れ目は版画を壁にかけて誤魔化してますよーん。



もうずいぶん前から集めている銅版画家『小浦 昇』さんの1988年の作品
この作品タイトルは『BAKKEEN AIRPLANE』(作品サイズ450mm×600mm)
小浦さんの作品の中でも、セピア色・オレンジ・ブルーなど色数の多い珍しい作品。小浦さんの作品は、80年代から90年代の作品が好きなので、ド真ん中ですね。

ちなみに額吊金具はこの洋額フックがおすすめ。額を飾ってない時もサマになり、かなり重量のある額装も吊れますよ。

続きを読む


風船は次の日には萎んでしまうので1日だけのロマンなのです [Collection]

新年会inHOTELのディスプレイの風船。
宴会終了後に貰って、車にゴーインに詰めて帰ってきた、運転してて後方がちゃんと見えるギリギリの量がコレだぁ!

久しぶりの浮く風船なのです。わーいわーい誕生日みたいだ(笑)



あべちゃんには青い風船。でもあべちゃんは気に入らないっぽい。



ところで、あべちゃんもハゲたわ薄毛だわで、体力も落ちてきています。歳だねぇ。心なしか胸の筋肉も落ちてきているので、あんまり広いカゴを動き回ることは少なくなってきました。
ということで、白亜の豪邸から庶民の住宅へ引っ越しです。
小さめのカゴといっても、多分これは大型のカゴの部類に入るのではないかと思うのですが、今までのサイズからすると半分くらいの大きさになりました。
小さい方が保温も効きますからね。体力が落ちたあべちゃんは、これからはこの小さな別荘で過ごします。

2015年営業部長 [Collection]

先日東京へ行った時、呉服 大野屋の営業部長をお招きいたしました。
花山河さんの『ぴょんぴょん羊』、2015年営業部長着任です。




ここの張り子がめっちゃ可愛くて…。ずっと新作チェックしてましたよっっ『福夢ひつじ』か『まんまる羊』がいいなぁまだ残ってるといいなぁと思っていたのですが、会場へ行ってみたら何コレ聞いてないんだけれどな『ぴょんぴょん羊』かわええー。
昨年は購入できなかったのですが、今年は運良く銀座松屋の展示即売会に上京のスケジュールが合ったので、行ってきました。

ちなみに一昨年の蛇は購入、2013年営業部長↓



注連縄も「これ、サイズがちょうどいいかも」と買ってあったのだけれど、オークション商品紹介写真に入れるにはウザかったので、これは玄関に飾ります。
しかしなんだね、小物購入基準が『ドールにスケールが合うかどうか』ってのはいかがなものかと…毎年思うのねん。


こういうデザインは職人しか産み出せないと思うんだ [Collection]

週末に年中行事がありまして京都へ行ってきます。で、着物を着て参戦予定なので着物の衣替えしてましたの、腰が痛いス!!!!!!!!

そうそう、前回シーズン最後の最後で、ひっさしぶりに衝動買いしましてね。仕立て上がってきたのを仕舞っておいたんですよー、衣替えしながらニヨニヨしちゃいましたよー、出しましたよー、これ着たいよーっっっっ!



何の事は無い黒い帯です。柄は『糸巻き』ていうんですかね『糸車』ですかね、織る前の糸をまとめておくアレです。
織りの帯・非常に控えめな金糸銀糸使い・二重太鼓という大変高度なお洒落度を要求される帯でして、果たしてオオノが締めこなせるのか甚だ疑問だったのですが、そのデザインと織りの美しさにあまりにも感動して衝動買いした帯です。
帯のデザインは、帯の織元さんがご自分でデザインされたんだそうだ。


続きを読む


桶屋 近藤の『おひつ』 [Collection]

今年はご飯を入れておく『おひつ』を新調しました。
いままでは、秋田杉の曲げわっぱのものでしたが…今回は桶の『おひつ』

京都の桶屋 近藤さんの『おひつ』です。




京都のものということもあってなのか、繊細な佇まいです。
2合分くらいのサイズのこの小さな『おひつ』の細い箍は白胴、綺麗です。本体も薄手に仕上げられてあって、深さといい厚さといい蓋の加減といい…小振りだけれど、とても使いやすくて美しい『おひつ』です。
うん、我ながらいいものを買った!よし!(笑)

オオノはご飯を、炊飯用の土鍋で炊くのですが、炊きあがったら『おひつ』に入れ替えます。ちょうど、蒸らしの行程の仕上げ、というかんじですね。土鍋でご飯を炊くと、どうしても、水分が浮きやすいのです、ま、あたりまえですよね陶器は水分吸いませんからね。んで、蒸らし終わって仕上がったご飯を『おひつ』に入れる事で余分な水分が木に吸われて、食べる頃には丁度良い水分加減になるんですね。

オオノにとっては美味しいご飯を炊くには『土鍋』と『おひつ』はセットなのです。

ヴィネット [Collection]

昨日ですねー、夏着物を撮影していたんですよー。
テーブルにアジロ敷いて屏風立てて8灯ライト立てて。撮影終わって片付けようかなーとおもっていたところに、ピンポーン、『はぁいっっ』byあべちゃん、模寺くんからお届けものですよー。



……『ヴィネット』って何………何だっけ…



あああああっっっっっっ!



[ぴかぴか(新しい)]『豆戦車』[ぴかぴか(新しい)]だぁああああああああ
しかもジオラマ仕立てで、これもしかして模型の師匠・模寺君の塗装じゃんんんん
[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]うぉぉぉ![ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]今度テンプラ奢ります!奢らせてください[ぴかぴか(新しい)]

ということで、丁度ライト出てるからチョコと撮影しちゃうぜぇえええ
カメラがRX100なので、接写がちょっとニガテ、ちょっとヌルい画像だけれど…細かい塗装が伝わると良いな。

ということで豆戦車をもうちょと見る↓


スイーツデコデコでけたよー [Collection]

先日、友人から『スイーツデコデコにしてくれ』と頼まれたiPhoneケースのデコレーション。



でけたよー。



送られて来たiPhoneケースがなぜか2個だったので、これは2種類作れという事なのだなと判断し、2種類作ってみました。
依頼者からのリクエストが『呉服 大野屋 製菓店で余ったパーツをメガ盛りしてスイーツデコデコにして』だったので、そのように考えていたのですが、結局色々考えているうちにちゃんと作ってしまったオオノであった。

自称『チョコマカロン・パリ仕立て』(なんじゃそら)と


自称『ラウンドケーキ・砂糖菓子仕立て』(なんじゃそら)です。


チョコマカロンというか、マカロンはいつも製作しているサイズよりもちょっと大きいサイズなので、断面(あの立ち上がった部分ね)が難しかった……うぬぅ、要修行ですな……。
ラウンドケーキは、クリアのベースからシルバーのボディが見える事を意識しながら作ったのですが、どうでしょう、パールのパーツが効いてると思うのです。
さりげなく、カメラの邪魔をしないように、ケーキはナナメになっているのですが、効果はわからん(おい試写しろ)


デコデコな他画像↓体重も測った。


前の10件 | - Collection ブログトップ