So-net無料ブログ作成

DD用 正絹絽夏着物娑羅樹 [Fashion Doll]

お暑うございます奥様こんにちは。
なんかビミョーにやることが積もっていて、どうにもこうにも落ち着きませぬ。

やらなければならないことが沢山ある、しかし、それらの優先順位は各々ほぼ同位、作業完了までにかかる時間もほどほど同じ程度で、めんどくささも同じくらい、しかもやり終えなくてはならないタイミングもほぼ同じ。

…さあどうする?どうするよ奥さん!

そりゃー、やってて一番楽しいヤツから片付けますよね、ええ、そうですよね!

ということで、撮影してましたの、フフフ(ダメじゃん、多分コレ客観的に一番優先順位低そうなかんじ)

夏の小袖の着物どすえ。





うん、年に一度作るか作らないかくらいの、あまり需要がないと思われる夏着物、でも作る。
昨年は、薄い水色のポリ反物から制作しましたっけね↓。



薄い水色でいかにも夏物らしい反物だったのですが……今年は正絹の鳥の子色で作りました。さっぱりした綺麗な柄です。

反物を手元で広げて見たとき、一瞬『なぜ枝垂れ桜?季節を問わないサクラとはいえ、なぜわざわざ真夏に』と思ったのですが、よく見たら『なつつばき』でしたスミマセン。シャラノキ(娑羅樹)ですね、細い枝に明るい色の葉っぱ、フワフワクシャっとした花びらがかわいい白い花です。

毎回、『帯揚げ』の素材に悩むのですが、今回は、紗の帯揚げを模してシフォンを使いました。うん、もっとスケスケのが良いのですが、そうなると、本物の紗の帯揚げを裁断することになるのでのぅ。
上手に結んで帯の中に入れてあげてください。これ、難しいですよね、はい、ニンゲンサイズでも難所の一つです。人形サイズでは綺麗に結べるんだけど、自分の帯揚げは綺麗に結べないんだよなぁ、理屈はおなじハズなんだけれどなぁ……なんでだろうなぁ……綺麗に結べるようがんばりましょう…