So-net無料ブログ作成
検索選択

夏浴衣:暮れの芍薬・高瀬川 [Fashion Doll]

……昨日投稿したとき、ゴソゴソしているうちに前の投稿を削除したらしい。

あぁそうか、記事を同じURLに投稿しようとしていたのに気がついていなかったんだな……ふ、そうだよね、このマンション、装備しているインターネット用のケーブルが個人宅用の細いケーブル1本のくせに、そこに全世帯をタコ足配線で繋げてあるもんだから、夜になるとテレホーダイですかってくらいになりましてね。
きちんと表示されないうちに闇雲に操作しているとこういうことが……。まーねー古いからねーこのマンション、しかもオーナーが拡張工事とかさせないからねー(ファーッ!)

ということで、昨日一瞬アプロードしてた夏浴衣でーす。

『暮れの芍薬』紅型風のデザインに茄子紺のモノカラーでとてもお洒落な一品に仕上がったかと思うのでですが如何でしょう。
この色の帯を配したコーディネーターも褒めたいっっ



モデルさんが座っているのは『白木の縁台』総檜ですわよ、もちろん西村工務店のにしむらの兄さん謹製。
檜のパーツを細く面取りし、表面を滑らかに磨き上げた贅沢品でございますのよ、完璧に揃った檜の小口が美しいでしょ、ほほほほほ。
細い面取りを均一に施すのは何気に高等技術ですことよ奥さん、しかも足は取り外せて、さらに裏面にキッチリみっちり収納できますの、本棚にもシュコっと収められてしまう逸品なのですよ。
今の所、販売の予定はないのですが、イベント当日に兄さんにリクエストしてみてもよろしいかと存じますの、ほほほほ。

ということで夏浴衣、通販部に投入してみましたの。



おお、埋め込みコードなんぞあるのだな、まぁ便利。

そして新作の『高瀬川』

高瀬川って何処の川じゃというツッコミですが、京都の木屋町を流れる川ざんす。もともと運河だったので整備された浅い川です。
桜の季節も終わりになると、川べりの名残の桜と柳の新芽が共演する小さな川ですことよ。まぁ桜の季節は観光客と花見客でマジ身動きとれんくて騒がしい興ざめ状態になってしまうのですが、それ以外の季節は素敵ですわよ奥さん。
ちなみに、森鴎外の『高瀬舟』はこの高瀬川が舞台ですことよ。

抹茶色と桜ピンクのコンビネーションが美味しそう可愛らしいデザイン、もしかしたらどこかにうさぎがいるかも。
こちらも通販部に投入してみました。ドゾー。